2010年10月25日

便秘解消で老化を防ぐ

腸の健康状態によって老化の進行を左右したり、健康状態を測る尺度になります。

腸内環境を良くするためには、日頃の食生活習慣やストレス解消が大切です。


腸内にはたくさんの腸内細菌が存在していて、腸内環境をいい方向に持っていく
善玉菌に代表されるビフィズス菌や人体に悪い影響を与えたり
老化の原因となるウェルシュ菌に代表される悪玉菌、それに体調の状態によって、
どちらにも作用する日和見菌が存在していて腸内フローラを形成しています。


それぞれのエリアを占めています。

不規則な生活や暴飲暴食の生活を送っていると十分な深い睡眠を取れなかったりして、
自律神経の乱れが生じいてくるとビフィズス菌等の善玉菌が減少して、悪玉菌が増えて腸内環境が荒らされてきます。

それに伴い体力が低下し、かぜをひいたりして、からだの免疫機能の低下に関係してきます。

排泄機能も衰えてきて腸内に長く腐敗が進み、身体の新陳代謝にも影響してきます。
からだの疲れや肌の色にも関係してきます。
posted by スキット at 10:33| Comment(0) | 便秘と老化の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。